里見駅観察1[11]

長らく無人駅だったためにそのイメージが強いのですが、有人化されて初めての里見駅です。

元々小奇麗にされていましたが、やはり何となくヒトの気配があります。



駅本屋奥、駐輪場は以前からあったように思いますが手前の小屋は最近建てられたんじゃないかな?

駅本屋内、貼紙も多くて活気がありますね。

荷物窓口も残っていますが、大きなアルミサッシに換えられていました。

待合室側にはナニかの座席がありますよ。

改札、木製の枠があるだけのシンプルなスタイルですね。

きっぷ売り場、コレまで見てきた駅にもカバー(?)がありましたね。

改札から構内を覗いてみます。

元々2面3線っぽい造りでしたが、島式ホームは単式ホーム側には柵が取り付けられていて1線分のホームとして使われています。
きっぷ売り場窓口から見える構内図、やはり島式ではなく真ん中の線路は養老渓谷寄りからしか侵入できずにしかも行き止まりとなっているようです。

駅本屋は道路から1段高くなっているのですが、上り口にはトイレが新設されていました。

その奥はバス乗り場となっています。以前はこんな活気は無かったと思うがな。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1