豊永駅観察3[51]

豊永駅の1番線外側阿波池田寄りにある詰所を構外から観察してみます。入口がドコだかワカランな。 もう完全に使われていないようなのですが、貨物ホーム跡の続きにあるので現役時代は貨物取扱係員用の詰所だったのでしょうか?



駅本屋寄り・高知方にはトタンで囲われたナニかがありますが、ナニなのかはよく判りません。 貨物ホーム跡から駅本屋側・高知方を記録しておきます。 以前もこの位置に駅本屋があったのか不明ですが、あったとするならば構内通路だったのでしょう。 再び構内へ、跨線橋から旧3番線外側を見てみます。 階段があってR32とつながっています。今や3番線ホームは国道側からの通路になっているのですね。 国道沿いのスペースは狭くて駅本屋があったとは思えません。 R32の向こうには吉野川が流れています。 静かな街並みですね。 戻って貨物ホーム跡、こじんまりした遺構ですね。 最後に1・2番線高知方ホーム端を記録してオシマイです。 旧駅本屋があった頃はここに構内通路があったと思うのですがどうなのでしょう?
「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1