土佐山田駅観察3[62]

土佐山田駅3番線外側阿波池田方です。

1輌だけ車輌が休んでいました。だいぶホームが長いのですが点字ブロックはホーム中央付近のみなのが寂しいですね。それでもこの区間は「南風」・「しまんと」各最大3連が併結された状態で走っていますから、6連の列車は発着しています。



元々名所案内を表示していたのでしょうか、観光地案内の看板もあります。

だいぶ色が抜けてるけどな。
直線を多用しているためにH鋼製にも見えるレール製支柱と佇む車輌。ベンチはプラ製で中途半端に改装していないところがいいですね。

阿波池田方、こうして見ると勾配区間が始まるようには見えません。

跨線橋から見ても山には向かっていますが急峻な感じはしません。それより線路の草が凄いな。

跨線橋から見える駅前は昭和を感じさせるような雰囲気でした。

一方で3番線の向こう側はそれ程古さを感じさせないフツーの住宅地が広がっていました。

1番線に戻ってきました。跨線橋の横には警戒塗装が施されています。

高知方、こうして見ると上屋支柱はショボいですね。

乗換案内看板もありました。

バスへの乗換でしょうか?そういえば駅前にバス停の大きな上屋がありました。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1