足柄駅観察1[11]

駿河小山駅の隣、足柄駅では交換のため長時間停車しました。

優等列車や貨物列車は走っておらず、列車密度も低いのですがやたらとノンビリ走ります。



上屋は小ぶりで中央支持1本タイプです。

駿河小山駅とは異なって直線的に曲げられた支柱となっています。

国府津方2番線外側に駅本屋があります。

跨線橋は無くて国府津方ホーム端がスロープになっていて....

構内通路があるタイプです。

構内通路・線路上から見る列車って迫力あって好きなのですよ。

駅本屋は改札ラッチも無くて殺風景でした。

構内側には目隠しの壁がありますが、存在意義が若干不明です。

待合室側から構内側を記録、斜めになっている部分が切符売り場だったのではないかと推測されます。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1