小歩危駅観察2[69]

駅本屋の裏手・高知寄りに回り込むとナニやら遺構があります。

貨物ホーム跡でしょうか?



但し側線があるワケではなく、あくまで1番線の続きのような雰囲気です。

土地が狭いので貨物側線までは作れなかったのかな?
小歩危駅では上り列車がだいぶ停まっていましたが、特急の通過待ちのためでした。特急が上ってきましたよ。

2番線側が本線ですが、交換・通過待ちが無い場合にも各駅停車は上下線とも駅本屋のある副本線の1番線側に停車するようです。

1番線ホーム・駅本屋の高知方から記録しているのですが、この付近には貨物ホームではないかと思われる遺構が残っています。
警戒標識も残っていて、使われていた形跡があります。

駅本屋へはスロープでつながっているのですが、その高知方に再び使われていないホームがあるのでした。

何だか不思議な駅ですね。

ホーム跡と思われる部分には構築物の支柱跡も残っています。

1番線と2番線は構内踏切でつながっていて、1番線側構内踏切高知方はホーム跡と思われるモノの断面が見えます。

構内踏切から普通列車と駅に迫る山を記録。

やっぱり凄い地形ですね。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1