新改駅観察2[78]

新改駅ホーム裏の踏み跡からホームを記録します。

駅本屋付近はそれなりの造りでしたが、先端方は簡単な構造ですね。手摺にはレールが使われていました。



そうこうしているうちに列車は発車、静寂なホームだけが存在しています。

以前は有人駅だったのでしょうか?勤務されていた方は心細かったろうなぁ。

行き止まり側に信号継電室があります。

更に奥は行き止まりとなります。

一応ホームの有効長は5輌なのですね。
行き止まりとなっている山の上を見ると電柱が立っていました。

山の向こう側にも集落があるのでしょうか?
行き止まり側から駅本屋側を振り返ります。結構長いんだな。

戻って駅本屋内、ノートが常備されていました。

新改駅を目的に来る人も多いのでしょう。
とはいえ、駅前には人の気配が皆無だけどな。

駅本屋駅員室側には窓越しにストーブが見えました。

高知とはいえ冬は寒いのでしょうか。
まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1