小淵沢駅観察1[32]

小淵沢駅は島式ホームが2つある2面4線となっています。

1番線松本寄りを記録、左側が駅本屋側となっており、外側に側線が1本あります。



駅本屋へは新宿寄りに地下通路があります。地下通路付近の上屋は中央支持1本タイプのレール製です。

3番線は待避線でホームは無し、もう1本の島式ホームには4・5番線が割り振られています。駅本屋から直接の通路は無くて、1・2番線ホームを経由して行くコトとなります。

跨線橋付近は両端支持2本タイプ支柱ですね。
4・5番線ホームは小海線専用で有効長は短くなっています。若干松本寄りにずれていますね。

駅本屋寄りに進んでみます。中央支持の支柱は枕木方向だけでなくレール方向にも曲げられたレールが沿わせてあって、かなり太くなっています。

地下通路入口付近は動線の邪魔にならないように両端支持タイプの支柱となっています。

駅本屋前は防風・防寒のためか、壁があります。

余目駅もこんな雰囲気だった気がしますよ。
ホーム幅がそれほど広くないので階段の幅もそれなりです。

振り返って上ってきた目線で記録。

地下通路を通ると改札前の通路に続きます。

まだ続きます。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1