牟岐駅観察4[99]

牟岐駅ホームの上屋梁を記録しておきます。

三角形の頂点から底辺に1本軸が入り、その交点から斜辺にも軸が入っています。斜辺との交点から底辺には垂直に2本の板を渡しているのですね。また、レール方向にも板が2本渡っています。スクラッチで組むと楽しそうだな。



古いタイプのベンチが向きを交互にして並んでいました。

上屋端の妻は外から見ると板が渡っていますが、内側から見ると裏打ちされています。

駅本屋回廊の屋根といい、牟岐駅は仕事が丁寧ですね。
駅本屋片隅のちょっとゴチャッとしたカンジ、レイアウト作る時ってこんな雰囲気を出せないんだよな。

上屋支柱の根元には補強のためかレールが添えられていました。

海部方上屋端内側は乗り場案内がありますが、ココで降りる客の目に付く所に乗り場案内があってもあまり意味無い気がします。

駅本屋改札付近といい....

並びの搬送室といい、いい雰囲気の駅ですね。

係員専用の構内通路と、油で汚れた線路。非電化のローカル駅らしい光景です。

ようやく交換する列車が到着しました。

結構長いコト停まっていましたがようやく発車です。
牟岐駅はコレでオシマイです。

「ブログ村鉄道模型」はコチラです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1