石井駅観察2[16]

石井駅跨線橋の支柱は蔵本駅同様に下は角柱、上は円柱で筋交いにはタイロッドが使われていました。

古いせいか、レール製脚柱よりも重厚感がありますね。



1番線の階段部下は倉庫になっており、窓枠は木のままです。

とはいえ、何枚かのガラスは割れていて内側から板が張ってあります。使われているガラスは薄く、いかにも古そうです。
2番線の上屋は蔵本駅と似たような雰囲気です。

石井駅本屋から続く上屋は蔵本駅とは異なり屋根から続いていて、レール側が低い片流れとなっています。

支柱はやはり木製ですね。
改札ラッチは柵タイプです。

待合室側には扉もあります。さすが有人駅ですね。

駅員窓口は待合室側から改札を向いて右側、少数派ですね。

自動券売機もあり、上には蔵本駅同様四国の大半をカバーする路線図となっています。

券売機は据置式のちゃんとした自動券売機となっています。

待合室は改装されたようで、木を多用した落ち着いた雰囲気となっていました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1