坪尻駅観察2[115]

坪尻駅前は一面「緑の広場」でしたが、駅前から続く道も道なき道となっています。

周囲に民家の気配も道路の気配もありません。



駅前から駅本屋を記録、プラットホーム分一段高い位置にあります。

施設名称を表す札が付いていました。

木造の駅本屋ですが、駅員室入口扉も桟も木製のままです。

阿波池田方を記録、左が本線で分岐器は当然同レベルですが....

反対側宇多津方、本線はだいぶ高くなっています。「勾配区間のため駅はスイッチバック」というコトがよく判ります。

目の前の崖は落石防止ネットが張られていますが、結構迫力あるというか....要は怖いです。

庇の下には切り株イス(?)が2つ。

丸太ベンチ(?)もあります。

通過する普通列車もあって、1日に上り5本・下り7本のみ停車します。

もっと発着本数の少ない駅もあるかも知れませんが、十分秘境駅といえる駅ですね。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1