池谷駅観察1[25]

鳴門線分岐駅の池谷駅で下車します。

池谷駅は2面4線、鳴門線専用ホームが1面2線、高徳線専用ホームが1面2線となっています。



2つのホームは並んでおらず、二股に分かれるように配置されています。丁度分岐する部分には駅本屋があります。

鳴門方、右に緩くカーブしています。

鳴門線ホームから駅本屋越しに高徳線ホームを望みます。

鳴門線ホームは結構狭くなっていますが徳島寄りに木製の上屋があります。

上屋はそれほど大きくなくて鳴門寄りは上屋なし....と言っても点字ブロックも途切れていて現在では使われていないコトが判ります。

鳴門線ホームの駅標、高徳線・鳴門線の番号が振られていますが、次駅は鳴門線側のみ表示されています。

ホーム間、駅本屋間はオープンタイプ歩道橋スタイルの跨線橋で接続されています。

以前は構内通路だったのでしょう。
跨線橋付近は分岐点に近いのでホーム間の距離も縮まっています。

跨線橋から鳴門線ホームを記録、停まっている車輌が模型のようですね。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1