池谷駅観察2[26]

池谷駅連絡跨線橋から高徳線ホームを望みます。

下り特急と上り普通列車が交換しています。この普通列車に乗れば板野駅を観察出来たんだよな。



列車が去った高徳線ホーム、支柱が4本だけの小さな上屋です。

では二股に線路が分岐している所にある駅本屋へ。

造り自体は古いのですが外壁が改装されていて綺麗になっています。
駅本屋を駅前広場から記録、瓦屋根が立派ですね。

駅前はナニもないので再び構内へ。
大きな交差点にある歩道橋のような跨線橋です。

改札入ってすぐのところにはポツンとレトロな手洗い場があります。

改札入って右手・高徳線ホーム、今はフェンスが建てられていますがホーム断面にナニか書いてあります。

高徳線ホームの駅標には高徳線内の駅名しか掲示されていませんが、乗換駅のためか鳴門線のマークも入っていました。

ホーム断面に書かれていたのは「高松方面のりば」でした。

フェンスの一部は開閉式になっています。

跨線橋が出来る前は構内通路があったのでしょう。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1