五井駅観察2

五井駅木更津方の跨線橋に向かいます。

窓のない吹抜タイプですが、房総でよく見るオープンな歩道橋タイプではありません。アングルを組み合わせていますが脚柱は太い角パイプを使っていて、後で改装されたような感じです。



内房線ホームの階段は結構幅も広くなっています。

階段は千葉方から上る片方向のみで、裏に回ると脚柱があるだけです。

脚柱は太いのですが梁はアングルを使っていて不釣り合いですね。主柱のみ補強したようです。
脚柱の木更津方はつまらない上屋が続いています。

ギリギリ近郊駅のせいか、木更津方も千葉方もホーム上はほぼ上屋が掛かっています。
では階段を上ります。

壁はパネルが貼ってあり、窓は吹抜けですね。

登り切って海側は通路だったものを塞いだようになっています。

その昔、橋上駅ではなかった頃はこの跨線橋しかなくて、ここから駅本屋に続く橋と階段があったようです。
幅も広くて結構重厚な雰囲気の橋部です。

構造材はレールではなく角柱とH鋼ですが、結構古そうな感じですね。

小湊側の突当りには案内がありました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1