安食駅観察4[10]

1番線に降りる階段の途中から駅本屋を記録しておきます。

駅本屋が嵩上げ前のホーム高さとなっているので、ホーム上の上屋はミョーに高くなっています。



1番線には粗末な待合室がありました。

下総松崎駅の待合室と似たようなスタイルです。
建物財産標によると昭和48年建設のようです。

待合室内に駅本屋の工事案内がありました。耐震工事なのですね。

成田方場内、2本の線路の間隔が広く、留置線が1本あったような雰囲気です。

我孫子方に進んで2番線外側の側線を記録、やはり意味不明な側線です。

車止めがシッカリしている上に停止板(?)が朽ちているので結構古いモノのようです。

側線の有効長もそれ程長くなく、また位置もビミョーなのでした。

貨物施設が現役の頃に入替機を留置しておくための側線でしょうか?
安食駅はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1