三河島駅観察2[13]

三河島駅のレール製上屋を観察してみます。

屋根は中央凹タイプ、両端の支柱は曲げてアーチとしています。このアーチに中央を凹ませた屋根梁を合わせています。



支柱は2本合わせ、1本がホームを跨ぐアーチ、1本はホーム端に曲げて屋根梁に沿っています。曲げた部分にレール方向のトラスを組んでいます。

少し角度を変えて記録、曲げたあたりの赤と白の塗装は警戒用かな?

トラスに沿わせて信号ケーブル等を通しています。

更に土浦方に進むと待合室があります。

造りは古そうですね。
もう少し進むと改札への階段があります。

但しこの階段は新しいですね。元々の階段は土浦方ホーム端にある階段のようです。

上野方階段付近にはオリジナルの支柱をカットし、レール方向のトラスを支えるH鋼製支柱が新設されていました。

エレベータ・エスカレータ新設に伴い、上野方に新たに階段を作ったのではないかと思います。何とも無残だな。

階段の幅はそれ程広くありません。

だいぶ苦労して改造したのでしょう。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1