杵築駅観察1[21]

杵築駅に到着して1番線側を見たら正しい国鉄型駅標が残っていました。

汚れ方がステキですね。



列車は3番線に到着したのですが、その外側に側線が数本ありました。博多方に....

大分方。10年近く前にも通過した覚えがあるのですが、その時はもう少し施設があった気がします。

2・3番線上屋は木製の両端支持2本タイプ、上屋端には妻があります。

垂直支柱をレール方向に延びる角材で連結し、枕木方向の水平な軸を乗せてそこから水平な屋根梁を出しています。

大分方・跨線橋寄りに進むとレール製支柱となっています。

駅本屋はレトロ調に改装されていました。

レール製支柱はレール2本合わせでホーム中央側レールは大きなアーチとなっていました。

改札付近、それ程広くはありません。

一方で駅本屋は結構大きく見えます。

改装されてはいますが基本的に昔ながらの造りなのでしょう。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1