杵築駅観察2[22]

杵築駅の跨線橋は駅中央付近大分寄りにあります。

構造材としてはレールを使っており、外壁は木製ではありません。良く見かける素材ですが石膏ボードなのかな?



外壁は薄汚れていますが、跨線橋内部は綺麗です。

水平部から大分方を望んでみます。

2・3番線ホーム中央付近は舗装されておらず木が植わっています。何となく懐かしい雰囲気ですね。
1番線ホームに降りる前に上屋屋根を記録、比較的支柱スパンが長いですがレール製です。

1番線から2・3番線の跨線橋脚柱を記録、踊り場付きの一般的な跨線橋ですね。

2・3番線上屋は木製とレール製が混在しているのですが、自然につながっています。

改札を抜けて駅前広場は小さな旅館があったりタクシーがちゃんと待っていたりしますが、何とも長閑な雰囲気です。

付近の観光案内図、近くに山も見えるし国東半島の根元を走ってきたで山の中のイメージが強かったのですが、割と海が近いのですね。

駅入口には灯篭を模したチラシ入れがありました。隣の丸ポストもいい味出していますね。

駅本屋は木造で立派です。駅看板も木製で風格があります。

改装されたような看板ですが、それ程大袈裟ではなくわざとらしさはあまり感じません。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1