浅野駅観察3[28]

浅野駅4番線にある国鉄式駅標の向こう側はすぐに工場となっていました。

工業地帯を走る路線っぽいですね。



まだ列車が来るまで時間があるので再度構外に出て海芝浦支線・海芝浦方踏切から構内を記録してみます。

ホーム断面を見れば駅の歴史も判るかと思ったのですが、似たようなホーム断面となっています。
唯一、ホーム中央部付近にナニかありますが、単なる保線員退避用のスペースのようです。

踏切から海芝浦方、大きく右にカーブしています。

駅に戻ります。しかしまぁまわりは工業地帯で人が沢山いるはずなのですがローカルな雰囲気です。

駅本屋、RC2階建てで最盛期は人もたくさんいたのでしょうが、現在定期的に使っているのは清掃員だけのようです。

海芝浦支線構内踏切から海芝浦方、ホーム断面はやはり古いですね。

1・2番線の本線ホームも低い位置から記録、鶴見方ホーム端は嵩上げされていないのですね。

都会の中にポッカリと空いた穴のようでした。
浅野駅はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1