鶴見駅観察3[31]

鶴見駅の跨線橋は支柱がレール製のままでした。

普通はあってもアーチが1つなのですが、階段幅が広いせいか2つのアーチを合わせたようなカタチになっています。



都会のレール製支柱ってローカル駅とは違う雰囲気があります。

ナニが違うかよく判らんけどな。
跨線橋東京方もトラスが続いてレール製支柱となっています。

エレベータ設置等もあって、跨線橋付近のみ一部支柱が改装されたのでしょう。
更に東京方に進むと木製支柱が出てきました。

やー、嬉しいですね。
支柱構造は一般的ですが、屋根の勾配が緩いせいかちょっと潰されたように見えます。

屋根も板張りのままですね。支柱の警戒標識が目立ちます。

駅標はさすがにJRスタイルになっています。

国鉄式だと雰囲気出るんだがな。
木製支柱は下が太くなっていて飾りもあります。

木製上屋はホーム中央付近だけで、更に東京方はH鋼製となっていました。

駅標はJRスタイルですが、番線表示はラインカラーのない国鉄スタイルです。

古さと新しさが共存していて、いかにも鶴見っぽい気がするんだよな。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1