東別府駅観察4[31]

雨のため跨線橋までは記録しませんでしたが、雰囲気のいい駅本屋とは違って跨線橋はオープンな歩道橋スタイルであまり面白くありません。調べてみると東別府駅が複線化されたのは昭和41年のコトですから、当初から面白くない跨線橋が取り付けられたのでしょう。
2番線ホームに降り立ってから駅本屋を記録します。

やはり重厚感があっていい駅ですね。



1番線から見えた駅標、昭和41年建設のわりには古ぼけてる気がします。再利用品でしょうか?

1番線に戻ります。ホームに植えられた松は歴史の重みを感じされてくれます。

1番線側ですから建設当初の明治時代からのモノでしょうか?
乗り場案内、シンプルですね。

あとは列車を待つのみ、目の前の交流区間特有の数の多い碍子が雨で鳴いておりました。

東別府駅はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1