定光寺駅観察2[4]

下りホームから縦位置で中津川方を記録、谷を走る雰囲気が判るでしょうか?

何度でも記録したくなるような景色の良さなのですよ。



戻って下りホーム中央付近にある小さな上屋を記録します。

2本合わせレール製支柱で、1本は曲げて片流れ屋根梁を支えています。

定光寺駅1番線にはセミオープンタイプの待合室がありました。

待合室と言ってもホームも周囲の土地も狭いですから簡単なモノです。
この待合室の名古屋方に階段があって....

中津川方にも階段があります。

下り側の方がちゃんとしてるな。
ホーム中央付近から名古屋方に....

中津川方。

名古屋方はほぼ直線で中津川方の方がカーブしているのですね。
2番線中津川方の上屋はH鋼製となっていました。薄緑に塗装されているので違いが一発で判ります。

この部分の岩肌にトンネルがあって、コレが2番線出口となります。
その横に時刻表が掲示されていました。

非常にローカルな雰囲気ですが、日中は1時間に2本も列車が来るのですね。中津川以北もこの位列車が走っていれば観察しやすいんだけどな。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1