小月駅観察1[47]

新下関、長府はパスして小月駅にやって来ました。

朝晩を中心に下関から小月折返しの列車も多く運転されています。



ホームは2面3線、折返し列車に乗ったので2番線到着です。

広島方を望んでいますが屋根は逆ガルウィング型、支柱はレール2本合わせですね。
1番線は広島方がH鋼製、駅本屋前はレール製の上屋です。

下関方に戻ってホーム中央跨線橋付近は支柱がH鋼製となり屋根も凹屋根となっていました。

レール製支柱は曲げは無くて直線を組み合わせたタイプです。

跨線橋を過ぎて下関方、緩くカーブしていて上屋はありません。

跨線橋は改装されて新しいタイプです。

水平部も新しくて面白くありません。

跨線橋から下関方を記録、跨線橋・駅本屋は少し下関方に寄っているのですね。

反対の広島方、1番線も2・3番線も短いスパンで上屋屋根形状が変わっています。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1