恵那駅観察2[26]

恵那駅2・3番線の跨線橋を上ります。

外壁は未塗装のような雰囲気ですが、内側は保護剤を塗ったような色になっています。



天井のヌメヌメ感も相まってレトロな雰囲気です。

水平部にも天井が貼られていました。

旧客の天井みたいだな。

1番線に降りる寸前の上屋は背の高いレール製支柱となっていました。

2・3番線中津川方の上屋と同じようなカタチです。

やはり内壁と外壁は明らかに色が違いますね。

名古屋方階段降り口の上屋はスタイルが違って中央凹屋根ですね。
1番線跨線橋脚柱下も柵で覆われています。こちらは2・3番線と違ってホーム面とツライチにはなっていません。

名古屋方には新しい建物が建っていましたが、ココは貨物施設があったような雰囲気です。

跨線橋脚柱付近から中津川方を望んでみます。

中津川方にはバリアフリーのエレベータがあるようです。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1