上松駅観察2[39]

上松駅本屋の張出室、木造モルタルのせいか重厚な感じがします。

今や利用者も少なくて簡易委託駅となっていますが、かつては木曽森林鉄道もあって栄えていたのでしょう。



改札はラッチもなく木の壁(?)で仕切られているだけです。

1番線塩尻方、何もなくてガランとしています。

改札を抜けて待合室へ、真中に柱があり壁際にベンチがあります。

構内側を見て改札左手に駅員室がありました。

簡易委託駅ですから窓口営業時間も開始は遅くなっています。

駅本屋出て右手、1番線跨線橋階段付近の外側には上屋がありました。

荷物用・団体用窓口跡でしょうか。
駅前のロータリーには巨木が2本、林業で栄えた街の証ですね。

駅本屋から右手・名古屋方には新しい建物が建っていますが、その脇には通路が続いていました。

通路を通って名古屋方に進むと駐車場となっています。

元は荷物扱いの側線だったようにも思えますが、wikiの「荷物上屋」では上松駅2・3番線に荷物上屋があったと書いてあって、荷物扱いは専用の施設があったワケでなく2番線で行っていた可能性もあります。ふむ、よく判らんな。
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1