上松駅観察5[42]

上松駅2・3番線名古屋方から跨線橋を記録します。

ムカシはコチラ側に貨物上屋があったとか。



幹線のせいか、副本線である2番線もPC枕木となっています。

2・3番線には自立式の駅標もありました。

塩尻方と異なり、ホーム中央付近までタイルが敷かれています。

今や跡形もありませんが、貨物上屋があった事と関連があるのでしょうか?
駅中央付近に戻って上屋下、歓迎の看板がありますが他には飾りっ気もなく地味な感じです。

屋根がちょっと変わった待合室は木造モルタルでしょうか。

内部には真新しい木製のベンチが据え付けられていました。

上松駅はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1