四日市駅観察5[5]

四日市駅の貨物ホーム側にはコンテナホームとの間に詰所があります。

木造ではありませんが、庇の支柱がいい味出していて古き佳き時代を偲ばせます。



詰所の並びには新しそうな倉庫や背の高い倉庫、そして小さな木造倉庫も並んでいます。

結構建物って多いんだよな。
その左手には貨車用と思われる検修庫もあります。

や、ココまでは作りませんがね。
振り返って駅本屋、丁度奥行きが変わる部分は木に隠れて見えません。

今は駐車場になっているのですが、元々ココに線路があったような気がしてならないのですよ。

古い情報が無いんだよな。
ホーム上にも詰所がありますが、これは比較的新しい詰所だと思います。

しつこく駅本屋改札前、ココが1番線であっても不思議ではない構造ですね。

駅本屋の奥行きが変わる部分を真横から記録、木に隠れてよく見えませんが外階段があります。

似たような写真を何枚も撮っていますが、あとで何かに使えると思うんだよな。

ホームがあったのではないかと思う現駐車場は跨線橋の脚柱で途切れています。

脚柱ぶの跨線橋断面が明らかにおかしいですね。前後は下部に幅の広い鉄板が入っているのに、この部分だけ切り欠かれて板張りとなっています。かと言って階段があったような雰囲気でもありません。脚柱の基礎部分を見るとかなりゴツくて、少なくとも旅客用ホームではなかったような感じです。荷物用の施設があったのかな?
まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1