五和駅観察[38]

R473沿いにある金谷市街の駅で、車を停められそうなのは駅の反対側でした。

街中であっても木造の駅本屋を残しているのはいいですね。



1面2線の小さな駅です。

って、大井川鉄道に大きな駅は少ないけどな。
千頭方、街中を走る私鉄の様相です。

金谷・ホーム方、この辺りまで来ると多少山から離れています。

妻側が入口となっています。

読みは「ごか」ですよ。
無人駅ですが古いきっぷ売り場窓口と荷物窓口が残っていました。

改札にはポールが1本。

構内側駅員室出入り口はアルミサッシ化されていました。

それでも木製架線柱と草生した軌道がいい雰囲気の駅であります。

コレで大井川鉄道の駅観察・遠足記は終了です。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1