渚駅2[119]

貨物ホーム跡の線路末端にはPC枕木が置かれているだけでした。

PC枕木というコトからも一部撤去されて現在の姿になったと推測されます。



駅本屋方を見ると外側に土留めがあったような跡が続いています。

跨線橋脚柱の向こう側に見える倉庫の駅本屋方には何かの跡がありました。

車止めというわけでもないと思うがな。
しかしこんな山の中でも交換可能駅を作り、貨物輸送までしていたというのはかつての鉄道輸送の重要性がいかに高かったかを示しています。

2番線外側にもスペースはあるようですが、鉄道施設があったのかどうかは不明です。

古い航空写真を見る限り、側線があったようには見えません。
駅本屋戻って時刻表。

運賃表から富山が消え、太多線が含まれるようになりました。

渚駅はコレでオシマイです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2017年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1