富田駅2[28]

駅本屋は外装が綺麗に改装されています。

中央西線の駅は切妻が多いですが、関西本線は寄棟ないしは入母屋が多いように思います。



2011年から無人駅となっていて、きっぷ売り場窓口は長らく閉鎖されています。

広い待合室は相変わらず。

竣工は明治27年12月で開業直後からの駅本屋です。

構内側駅標。

ED45の向こうにホキ1000が大勢いました。コキは当然としてタキ1900もいればタキ43、タキ1000と、現在一番貨車の種類が多い地区かも知れません。

1番線を名古屋方面に進むと外側に貨物ホーム跡のようなものが見えます。

埋められていますが駅本屋側に車止め跡、2線分は明らかです。

その外側は舗装されていますが

そうこうしているうちにタキ1900がやってきました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2017年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1