五所川原駅5[74]

3番線ホームとJR側の間には津軽鉄道の側線があって、古い気動車が留置されていました。

静態保存というにはおこがましい、塗装が剥がれて痛々しい姿です。以前阿字ヶ浦駅に留置されていた羽幌キハ221並みですね。



キハ22027とあります。

その後ろにはトムやタム、コチラの塗装状態はまだマシかな。

トムの側面は全開きではなく一部に扉があるタイプでした。

3番線の反対側には旧客が停まっています。

オハ46ですね。

旧客ですから当然デッキの扉は開きます。

車内に立ち入るのは憚れたので車外から観察、車掌室にはブレーキハンドル。

テーブル付の室内であります。

先頭はDD350形ですね。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1