広田駅2[210]

郡山方のセメント工場末端には線路は無いようです。

遠いうえに草が延びて見え辛いですよ。



少し線路によって駅側を見ると、無人駅にしては大きな規模であるコトが判ります。

かつて有人で荷扱いがあった頃は賑わっていたのでしょう。
付近には主導転轍機もあります。

3番線外側の分岐も2箇所あるようです。

どうも貨物側線分岐付近が構内の様子を一番把握できそうです。

セメント工場側もそうかもしれません。

側線は現在もレールが置かれていたりして保線用に使われているようです。

戻って駅本屋、クラシックな雰囲気にしていますが改築されたのでしょう。

駅本屋入って左手には待合室があります。

構内入って駅標。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2017年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1