富海駅2[52]

3番線から駅本屋改札付近を見てみます。

改札前は例によってホーム側面に埋めた跡があり、かつて構内通路があったコトが伺えます。



下関方場内は中線もあって広々としています。

跨線橋階段の下関方には1スパンだけレール支柱の上屋がありました。

上野写真で左手・ホーム外側に見えるのは昭和47年竣工の「職場」です。

徳山信号通信区通信配線室となっていました。

跨線橋階段は手摺が後付けされています。

水平部は窓のないタイルです。

下関方場内に....

神戸方場内。

共に駅を出るとカーブしていて、わずかの直線に造られた駅であるコトが判ります。
駅本屋・1番線側の階段にも手摺がありました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1