足尾駅4[71]

貨物上屋には木製の建物財産標がありました。

大正元年竣工とあります。「昭和27年指定」の文字もありますから、オリジナルの表示ではないようです。



屋根の軸組の雰囲気は木製旅客上屋とほぼ同じです。

旅客上屋と少々異なるのは乗車口を意識していない柱の位置でしょうか。

側線の反対側は車が直付けできるようになっています。

柱には何かの看板跡もありますが、消えていて不明。

貨物ホームは総てが舗装されているワケではなく、部分的には土間なのですね。

保存車利用一覧は車内にあってピンが合ってないし。

キハ30の塗装はだいぶくたびれていました。

キハ30 35です。

間藤方から貨物ホームの妻を記録します。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1