西条駅2[7]

構内側軒下には屋根から続く梁と、屋根を支える支柱がありました。

駅本屋規模も小さく、少々簡素な構造です。



右手・塩尻方に....

左手・長野方。駅構造は2面3線です。

荷物扱いをしていたためでしょう、「通商産業大臣指定 管理事業場」の看板がありました。

建物財産標は昭和9年11月と読めます。見辛いんだよな。

構内入って左手に進むと貨物施設跡があります。

ホームに付近の案内図。

改札前の軒は若干深めになっています。

「さいじょう」は山陽本線、篠ノ井線は「にしじょう」なのですね。

この駅名のみの駅標は閉塞器室に取り付けられていました。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2018年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1