古民家カフェ[18]

[千葉県道145号長浦上総線 その18]

テーブルは木造で、お茶も渋めの椀で出てきました。

ちょっとワクワクしますよ。



ってか、畳なので裸足になれるのがうれしいです。

縁側席もあります。

しかし知らないと入り辛い雰囲気です。店の看板も小さいし、入口もまったくもって玄関ですよ。

店の雰囲気は嫌いではないのですがね。

ココまで13キロ弱歩いています。

で、食事が出てきました。1プレートで丁寧に作っています。なかなか美味でした。

ゆっくり食ってまた歩き始めます。

しばらくセンターラインがあった道も細くなりまるようです。

歩道もずっと続いていたのですがね。

まだ続きます。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

カウンタ



Calendar

2019年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.1.1